夏休みがこわい

夏休みが近くなると、お母さんたちからよく出る言葉です。
次にお会いするのが9月になってしまうスクールカウンセラーの場合、保護者の方と1学期最後の面接の締めくくりの言葉は「生き残ろうね!」です。
これは大げさでも何でもなく、夏休みのお母さんは本当に過酷です。学校のない朝はゆっくり寝られるかと思っていても、ラジオ体操や元気を持て余したこどもたちに起こされ…毎日3食を用意し、果てしない買い出しに行き、宿題をやらせ、暇を持て余せばどこかに連れて行くか家で遊びを提供し、友達との約束をしたらしたで気を遣い、自分の時間もろくに持てず、自分が倒れたらこの家は終わるという決死の覚悟…
こどもさんが小さいとより大変、年齢が高くても障害や特性があればずっと大変、受験があれば夏休みから特訓が始まり本当に大変、なのです。
そんなお母さんたちにかける言葉は「がんばってください!」ではなく(だってすでにがんばっているから)、
「とにかくこどももお母さんも元気ならそれでいい、生きてたらそれで満点!」という意味の「生き残ろうね!」です。
なぜかこれを伝えるとどの方も大げさだと笑うこともなく、真顔で「はい!先生もね!」と言ってくださるので大げさでもないのだと思います。
この仕事をしていて辛いお別れもあります。
生きるのもしんどいことが多いけれど、できればあなたには生きててほしいし、また会いたいと思ってる。
そんな気持ちをこめて、皆さんにお伝えする季節がやってきます。 
家事は手抜きしてもこどもは立派に育つので、とにかく生き残りましょう!

御所南カウンセリングルーム 猫庵

この相談室は京都・御所の近く、鴨川や個性豊かなお店が多い場所にあります。 皆さんがほっと安心できるような場所を目指しています。 猫はいません、猫が苦手な方も遠慮なくお越し下さい。 不安や生きづらさ、発達や不登校、子育てのご相談などお待ちしております。 臨床心理士・公認心理師の資格を持ち、現在まで20年近く、家族の相談に関わってきた女性相談員が対応させて頂きます。 秘密は固くお守りします。

0コメント

  • 1000 / 1000